マトリョーシカ


マトリョーシカ

ロシアの代表的な民芸品として知られる手作りの木製人形です。女性の名前「マトリョーナ」が由来だと言われているそうです。
ロシア庶民の娘をかたどっていて、頭にはプラトークとよばれるネッカチーフを、身体にはロシアの民族衣装サラファンや前掛けを着て、手には花や穀物の束、鎌、鶏などをもつ姿が色鮮やかに描かれるのが一般的です。

胴の部分で上下に分かれ、中から同じ形の小さなものがいくつも出てくる、入れ子式になっています。

マトリョーシカ(青)5体

  • 最大15㎝、最小4㎝
  • 5体

 


マトリョーシカ(黒)5体

  • 最大8㎝
  • 5体
マトリョーシカ